火災保険は結構高額になります

来年にでも中古でも新築でも家を購入される場合はローンの他に火災保険にも入らなければなりません。
これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。
けれども、災害や家事などで家を失ってしまった場合にもしも保険に入っていなければ、ローンは消えることなく住む家がないのにローンを払い続けなければなりません。
もしもの場合を回避するためにも、きちんと申請していればお金を貸したローン会社もあなたも損をしない選択なのです。
このような理由で、契約を求められるという訳です。
数年以内に、大きな買い物ともいえるフラット35住宅ローンを申請したい方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。
思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもありますね! 但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、景気によって金額が変わることも有り得ます。
なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。
どうしても何かあった場合に備えないという方は、任意返済もできるところで申請してみましょう。
家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。
申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。
申し込みの際には、様々な資料が必要になるっていうしね!35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。
それにより、『絶対に絶対に通る!!』 という期待はできませんから・・。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が一つのラインと言われています。

火災保険・地震保険の疑問解決!地震保険だけ入れる?【火災保険Q&A】