フレッツ光って月額結構かかる?

知名度の低いワイモバイルの場合、解約する際に発生する解約金を安めにしたり、契約の期間を縮めたりして試用期間を設けるようにすれば、契約の回数が増えていくと思われます。
安さに魅了されても、1年以上の契約の期間があっては、なかなか契約に踏み出せないものなのです。
住居を移転したら、移転先の住居がフレッツ光しか契約していませんでした。
今までの間使ったいた通信会社を一新することなく行使したかったのですが、それ以外に選択肢がなく、使用することにしました。
月に一度のことなので昔の倍の値段の負担が重いです。
超お手ごろな料金でスマホが昨年ごろからピックアップされていますが、3大大手以外の通信ブランドでそれがワイモバイルです。
格安な様ですが、どの地域があるのか、不自由なく使えるかといった不安な点があり、契約時には重視していなかったという印象です。
次回のネット環境として、ワイモバイルを候補として入れています。
せっかくなら手ごろな方がいいので、どういったキャンペーンをしているのか確認してみました。
ざっと目を通したところ、よそから乗り換える形でキャッシュバックというものが存在しました。
適用条件などを確認して、慎重になって検討しようと思います。

フレッツ光の途中解約で違約金!損をしないためには?【契約前に知る!】